当院は、飼い主様の気持ちを優先した、丁寧できめ細かな診療を心掛けております。
ユウ動物クリニック

* 伝染病の予防注射
* フィラリア病の予防
* ノミ・ダニ等外部寄生虫の予防
 
横浜市動物愛護センターの子猫譲渡システムがございます。当院にお問い合わせ下さい。

トップページ リンク
当院について   診療案内   院内設備   お預かり   グルーミング   スタッフ募集
診療案内


 
アトピー減感作療法 メタボ健診(リポテスト) レーザー治療
 
アトピー減感作療法

アトピー性皮膚炎は、残念ながら完治させることはできません。
そのため、この病気とは非常に長いおつき合いをしていかなければなりません。
 
現在ステロイド剤を使用する治療法が主体となっていますが、当院ではアレルギーを根本的に解決する治療法として減感作治療を取り入れております。
 
開始前にスペクトラムラボ社のアレルギー検査(スポットテスト)を行い、その結果に基づいて作成した減感作薬を注射して治療をしていきます。ステロイドの使用を避けることも可能になります。
 



近年、動物も家族の一員として室内で飼育するご家庭が多く、運動不足や、食事、おやつの与えすぎ等により肥満になり、生活習慣病にかかるケースが増えてきました。
 
当院で取り入れているリポテストは、血液中のコレステロールと中性脂肪をより詳しく解析するサービスで、スペクトラムラボ社に依頼して行っております。この検査は、脂質の代謝状態を調べることで、肥満以外の病気(糖尿病・高血圧病・内分泌疾患のクッシング症候群や甲状腺機能低下症など)についても早期発見の手がかりを見つけることができます。
 
今までダイエットをしてもなかなかやせられなかったのは、実は、他の病気が原因していたということなどが確認できます。体質的な肥満症でも、解析結果から脂質の代謝異常を改善するより効果的な治療方針を立てることで、適正な体重が維持できる場合もあります。
 


レーザー治療

当院では、痛みの暖和、創傷治療の促進、消炎効果、血行改善の治療として、安全かつ早期に回復できるよう半導体レーザー治療器を使用しております。
 
この機器は100〜1000mVまでの出力が調整できるので、鍼灸的な治療も可能になります。
 
ミニチュアダックスなどの椎間板ヘルニアによる痛みや神経障害に多く利用しています。

レーザー治療中の様子